茶室の愉しみ

茶室(施工例)

作法の紋様に遊ぶ

茶室の“侘び・寂び”の世界を、暮らしに取り入れる和の住まい方

気構えることなく、茶の湯の精神を私邸で愉しんでいただけるご提案。茶道関係の書籍を中心に出版する淡交社の建築部が、茶室づくりをお手伝いします。もてなしの空間として、寛ぎの間として、そしてもちろん茶の湯のお稽古場として、“侘び・寂び”の世界に浸るご希望の茶室をプレゼンテーション。数多くの経験と実績をもとにアドバイスさせていただき、大工・左官業者・表具師・建具師など専属の職方の手による、暮らしの中で使える茶の湯空間。それは、時を経るほどに味わいを深め、京都に住まう喜びをさらに美しく織り上げていきます。

茶室(施工例)

Imagephoto

淡交社建築部

数寄屋建築の技術を駆使し、茶の湯空間を現代の暮らしに。

茶道を軸に美術・工芸・庭園・建築などの出版を手掛ける淡交社が、茶室・茶庭の設計・施工を行う部署として創設。個人邸はもちろん企業・教育施設など、全国で茶の湯空間を創造。

八畳席(施工例)/三畳席躙口(施工例)/鶴屋吉信(内装)(施工例)

株式会社 淡交社 一級建築士事務所 仙アートスタヂオ 建築部 部長 竹中 勤

※掲載の茶室、施工例写真は「京都市北区小山南上総町66番地マンションサロン」にて撮影(平成27年8月)したものです。
また、一部オプション(有償)による設備・造作・仕上等を含みます。家具・小物類等の調度品は販売価格に含まれておりません。
なお、八畳席、三畳席躙口、鶴屋吉信(内装)の施工例写真は、淡交社建築部による提供写真です。

マンションサロンで茶室をご体験ください。

来場予約はこちら